ポータブルデジタルワイヤレスインターカムシステムの開発

ベンダー公式

開発実績 ポータブルデジタルワイヤレスインターカムシステムの開発

Ronkジャパン株式会社

2017/06/02 UPDATE

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW Mod
  • 評価ボード
  • 評価環境
  • 開発環境

●大手製鉄メーカー様

新日鐵住金の製鉄所内では、通常1mの距離でも作業音により会話が聞こえない。2011年の東日本大震災後に、グループ長の指示を受けて3~4人のチームで行動ができるよう大音量の中でも会話ができるRonkジャパンのワイヤレスインターカムが導入された。

Ronkジャパンのポータブルデジタルワイヤレスインターカムシステムは、4人までは送信機の1つをマスターとして4人による双方向同時通話が可能。低価格および簡単な導入が可能である。これに骨伝導ヘッドセットを使用することで、骨伝導の振動で自分の声だけが聞こえ、周囲の音はピックアップしないため、大音量の中での会話が可能になる。

実績紹介ページ
http://ronk-jp.com/dev/