アプリケーション採用事例「可搬型医療機器」

ベンダー公式

開発実績 アプリケーション採用事例「可搬型医療機器」

Vicor KK

2018/03/13 UPDATE

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW Mod
  • 評価ボード
  • 評価環境
  • 開発環境
用途:
演算処理

【アプリケーションの背景】
本事例のお客様は組込み産業製品や医療機器のデザインを専門としています。お客様が製造された医療機器用のポータブルパワーソリューションは、革新的なインテリジェントバッテリーシステムであると評され、国際的な賞を受賞しました。

【お客様の抱える課題】
お客様の目標は、市場の様々な要件に迅速に対応するため、工場ではなく代理店の在庫からシステムを構築することにより、エンドユーザー様に納入されるまでのリードタイムを数か月から数日間にまで短縮することでした。お客様は、工場での組み立てを行わないことで、より多くの標準製品をエンドユーザー様や流通業者様に出荷することができ、結果として、コストとキャッシュフローにさらなるメリットを生み出すことが出来ました。

【バイコーが選ばれた理由】
・省スペース
> 小型(10x14mm)で薄型(2.6mm)
> 高効率(98%以上)によるヒートシンクの小型化
> 完成された電源はモバイル充電ステーションに適合

・コスト削減
> 2つのボックス(充電ステーション用と電源用)だったものを 1つのボックスに
> 代理店で組み立てられる唯一つのソリューションであること

・全ての構成に単一のVicor製品(PI3749 ZVS Buck-Boost Regulator)が使用されたこと
> 2:1の広い入力電圧範囲により、異なるバッテリからの起動が可能
> 広い出力電圧調整範囲(公称30-100%、I2Cにより調整範囲拡張可能)により、異なる出力電圧を容易に設定可能

【Why Change】
> リードタイムを180日から1日に短縮
> 1つの製品で10種類の要求仕様に対応

実績紹介ページ
http://www.vicorpower.jp/industries/pdf/Ind_Medical_Portable_jp.pdf