組み込み機器開発の効率化を図る、組み込みIPの一覧です。

組み込み用ミドルウェア製品/IP一覧

FAT, FAT32, exFAT, ext3, ext4などに代表されるファイルシステム、Bluetooth, WIFIなどのネットワークプロトコルやUSBクラスライブラリ、通信暗号化、ファイル暗号化などの暗号化アルゴリズム、グラフィックスライブラリなどに代表されるミドルウェアに利用可能、利用実績のある組み込み製品/IPリストです。

47 ページ中 1 ページ目(1~10 IP)

ベンダー公式

SoC ターンキー・ソリューション

ベリシリコン株式会社

・SoCの仕様策定、設計から試作・量産までトータルで請負設計します。 ・最適なファウンドリー、パッケージベンダー、テストハウスを選択、提案。 ・システムプロトタイプ、SoCプラットフォーム、ソフトウェアも提供。

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

「Keil MDK」は、Arm®ベースのマイクロコントローラ用に包括的なソフトウェア開発ソリューションを提供します。組み込みアプリケーションの作成、ビルド、およびデバッグに必要なすべてのコンポーネントが含まれます。 応用範囲が広いマイクロコントローラの開発に柔軟に対応するため、Professional、Plus、Essential、デバイス限定、Liteの5種類の開発キットが用意されているので、目的や用途に最適な開発環境を揃えることができます。 さらに、ソフトウェア資産の活用や開発の柔軟性を向上させるため、リアルタイムOSやIDEの使いなれたシステムへのインテグレーションも可能です。 無料で使えるコードサイズ限定の評価版も用意しています。

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

「Cortex-A9MPCore」、「Cortex-A15」に対応した、ソフトウェア技術者向けセミナです。 トレーニングは、すべてCortex-A/Rに関係する内容で、アーキテクチャ、Cortexの基本知識、ソフトウェア開発技術、Cortexプロセッサコアの解説、拡張機能の解説など、幅広い技術を英国ARM社プログラム内容に沿って実施します。 カテゴリ別の1日セミナを4コース用意して、お客様のニーズに合わせて、ご自由に受講コースを選択いただけます。 Cortex-A/Rプロセッサ組込み開発を行うエンジニアの方、プロセッサの詳細を知りたい方、Cortex採用を検討している方に有効な内容です。 【コース日程】   •Day1 Cortex-A/R アーキテクチャコース  •Day2 Cortex-A/R ソフトウェア開発コース  •Day3 Cortex-A/R プロセッサ解説コース (Cortex-A15/A7対応)  •Day4 Cortex-A/R 拡張機能解説コース

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

ベンダー公式

Welcome-Kit for STM32L0-Nucleo

アクシスデバイス・テクノロジー(株)

初めてでも「STM32(ARMマイコン)を簡単に動かすことができる」スターターキットが登場! 入門キットとして、ツール導入からペリフェラルの使い方まで分かり易く徹底解説。 【Welcome-Kitの内容】 1. サンプルプログラム - 53機能を収録 - 日本語コメント付きソースコード(C言語) - 評価ボードNucleo-L053R8に対応 2. 日本語マニュアル - GUIとドライバによる簡単設定を解説 3. 無償の開発環境 【オススメポイント】 1. 煩わしい英文ドキュメントを読むことなく、ペリフェラルを動かせます。 2. 初期設定に時間を取られないため、アプリケーションの開発に専念できます。 3. マイコンに初めて触れる方、新人研修や、学生の研究用途にも最適。 【使用ツール】 1. MDK-ARM™ V5.14.0.0 (フリーライセンス) 2. STM32CubeMX Version 4.11.0 3. HALドライバ Version 1.3.0 4. Nucleo-L053R8

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

ベンダー公式

Welcome-Kit IoT

アクシスデバイス・テクノロジー(株)

初めてでも簡単にIoT環境を導入できる日本語ガイドブックです。 本書は、STマイクロエレクトロニクス社(以下、ST)から提供されているX-NUCLEO向けのデモンストレーションソフトウェアについて記載したものです。 本書で紹介しているソフトウェアは3種類です。いずれもIoTを強く意識したものになっており、センシングしたデータをBLEやWiFiの無線技術を使って送受信し、モニタリングできるという内容になっております。 なお、ソフトウェアは同じくSTから提供されているマイコン評価ボード(以下、NUCLEO)で動作します。特定のNUCLEO向けの提供となっておりますので、ご使用の際には使用するボードが対応しているか必ずご確認下さい。

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

ベンダー公式

Embedded MIRACLE

サイバートラスト株式会社

「Embedded MIRACLE」はサイバートラスト(旧ミラクル・リナックス)が提供する組込みLinuxソリューションの総称です。 サイバートラストの組込みLinuxソリューションは、産業用機器、デジタルサイネージ向け機器、車載機器(カーナビやIVI含む)、医療機器、通信機器、複合機、その他多岐にわたるIoT・組込み機器に採用されています。リアルタイム性、起動の高速化、省リソースなどの課題をクリアし、また、IoT・組込み機器の開発において今や必ず対策しなければならないセキュリティソリューションも備えています。 国産Linuxディストリビューターとしてスタートした当社は、お客様の開発機器に応じたカスタマイズ・開発から量産、保守・運用まで、組込みシステムの分野でも長年の実績があります。カーネルレベルの技術に精通した高度な技術力を持つエンジニアを擁し、豊富な開発実績と培った知見をベースに、お客様のIoT・組込み機器の開発を強力にサポートします。また、Linuxディストリビューターだからこそ提供できる、IoT・組込み機器には必須の長期サポート体制を備えています。「Embedded MIRACLE」組込みLinuxソリューションによって、お客様は組込みアプリケーションの開発に注力し、開発期間を短縮し開発コストを削減することが可能です。

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

ベンダー公式

Welcome-Kit "R" for STM32L0-Nucleo

アクシスデバイス・テクノロジー(株)

STマイクロエレクトロニクス株式会社が提供するARMマイコン"STM32L0"の評価ボード"Nucleo-L053R8"を使用しながら、『レジスタによるペリフェラルの設定手順』を徹底解説したドキュメントです。 「通常のWelcome-Kitでは物足りない!」、「コード効率や実行スピードを高めたい!」、「ドライバを使用せず作成したい!」という方に最適です。 レジスタレベルのコーディング手法をフローチャートで分かりやすくまとめていますので、初心者の方でも挑戦可能です。 使用しているツール及びマイコンの機能概要は下記の通りです。 【使用ツール】 ① MDK-ARM™ v5 (フリーライセンス) ② Nucleo-L053R8

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

Unizen’s Customer developed a custom 3U VPX SBC based on Freescale QorIQ T2080 Processor and Xilinx 7 FPGA, for DLRL, Hyderabad. Unizen ported U-Boot and VxWorks 6.9 BSP & Drivers for this 3U VPX SBC Board. Solution Overview Unizen Software development scope consists of following features  Level 0 Diagnostics  U-Boot Boot Loader Porting & Board Bring-Up  VxWorks 6.9 BSP & Device Drivers Porting  BIT – POST, CBIT & IBIT  PPC T2080 – Xilinx7 FPGA – IPC Library Development Features  U-Boot Level 0 Diagnostics o RS232, I2C-1, I2C-2, DDR3, Clock Generator, Clocks, Flash, Ethernet-0, Ethernet-1, GPIO, RS422, Voltage Monitor, Temperature Sensor, RTC, SPI, SATA, PCI-e, FPGA  VxWorks 6.9 BSP and VxBus Drivers for following peripherals o RS232 o RS422 o Clock o 2 x Gigabit Ethernet o Temperature Sensors o Voltage Monitor o FPGA o Memory Bus Interface o 4 x PCIe o 4 x SRIO o Aurora o I2C o SPI o GPIO o 16 x LVDS I/O  Built-In-Tests o Power-On Self-Test (POST) o Continuous Built-In Test (CBIT) o Initiated Built-In Test (IBIT)  IPC Library for Reliable and High Speed data communication between Processor and FPGA o Through 4xSRIO using DMA o Through 4xPCI-e using DMA  FPGA Control & Configuration o Through IFC Memory Bus interface o Through SPI interface  Backplane Communication – Aurora, SFP, x4 PCI-e and x4 SRIO interfaces

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

貴方の知っている製品/IPの
組合せ実績を教えて下さい
閉じる