株式会社ネットビジョン の製品・IP一覧

ニッチなエリアで、世界一を目指せる製品を提案していきます。

ベンダー公式

FPGA版プラグイン機能

2017/10/04

イメージレコーダーSVI-06ではFPGAの空きリソースを活用することで、SVI-06の基本機能に加えて、ユーザ固有のロジックをユーザIPとして組み込める。 ユーザIPが組み込まれたFPGAダウンロード・データは、ホストPC上のアプリケーションを通してユーザが容易にコンフィギュレーションすることが可能である。  SVI-06に実装のSpartan6のような中小規模の限られたリソースで廉価なFPGAにこそ、目的に合わせて複数の機能を効率よく実装するために、FPGAの動的部分再構成が必要と考える。  このようにホストPCのアプリ・ソフトからあたかも関数を呼び出すようにFPGAに機能を追加したり、入れ替えたりすることをここではFPGA版プラグイン機能と呼ぶ。 ・FPGAソースを公開することがないので、お互いに知的財産を守ることができる。 ・単一のボードで多くの機能を切り替えて使用できるため、ボードの汎用性が高まり、低コスト化が図れる。 ・メモリへの画像取り込みからホストPCへの画像転送処理などは、SVI-06の基本機能として提供されるので、ユーザは大がかりで煩雑な画像転送処理から開放されて、ユーザ固有の追加機能となるユーザIPの設計、検証、評価に集中することができる。 ・ターゲットとなるカメラ・モジュールの通信I/Fが高速、高機能化しており、それらの多様なI/F、処理内容に対応する必要がある場合に、ユーザIPの変更だけで基本機能部分を変えなくてすむため、短期間での設計・検証・評価が可能になる。

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環
用途:
画像処理
演算処理

ベンダー公式

イメージジェネレータ:SVO-03

2017/10/04

イメージジェネレータSVO-03は、FPGAやASIC、画像処理機器にテストベクタ(テスト信号)を供給するエミュレーションボードです。 テストベクタとしてCMOSイメージセンサやテレビ信号などを作成可能です。ボード仕様はSVIと構成は同じで、逆の動作を実行します。 エミュレーションボードへエミュレーションデータ送付やボードをコントロールするためのソフトウェアも付属しています。

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

ベンダー公式

USB3.0 Dualポート搭載ボード SVM-03W

2017/10/04

モニターボードSVM-03Wは、画像をUVC(USB3.0/PC)2ポートに同時出力する為の装置です。マルチブート機能により、様々な機能を持たすことができます。例えば、一つのセンサーを2台のPCで同時入力してのアルゴリズム解析、画像と画処理後データの同時表示が可能となります。SVM-03Wは、PCドライバにUVCを採用したことにより、Windows環境ばかりでなくLinux環境も対応いたします。

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環

ベンダー公式

FPD-LinkIII接続ボード NV012-C

2017/10/04

TI社のDS90UB914A-1を搭載した圧縮なしデジタル・ビデオSerDesに対応したFPD-LinkIII接続ボードです。FAKRAコネクタを採用した同軸ケーブルを使用し,車載用メガ・ピクセルCMOSカメラをつなげてSVシリーズ(SVI-06/SVM-03)に画像を取り込むことが可能になります。 本ボードを用いることで,ケーブル配線のしやすさとフレキシブル化を図りながら,複数のカメラをつなげてのマルチカメラ入力録画システムを構築でき,車載カメラセーフティシステムの予防安全技術を支援いたします。

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環
用途:
画像処理

カテゴリをもっと見る

ベンダー公式

HDMI対応モニターボード:SVM-03

2017/10/04

モニターボードSVM-03は、ザイリンクス社のSpartan-6とアナログ・デバイセズ社のADV7511を搭載したイメージセンサーからの画像をHDMIモニターに出力する為のボードです。 カメラモジュールの画像をパソコンで見るのではなく、直接液晶モニターで見る事ができます。カメラモジュールとの接続は、接続基板経由で接続します。接続基板はSVIシリーズで使用していたものが、そのまま使用できます。よって新たな接続基板作成の必要がありません。 SVM-03ボードへの電源供給は、USB3.0コネクタ経由で電源供給します。パソコンの無い場合は、USB-ACアダプタを使うことも可能です。 UVC機能を使用すれば、パソコンでリアルタイム画像の確認と保存ができます。またHDMIに対応したSSD/HDDビデオレコーダーにつなげることで録画も可能になります。

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW M
  • 評ボ
  • 評環
  • 開環