ボード製品 MXUL6-MX

ベンダー公式

ボード製品 MXUL6-MX

テラソリューション株式会社

口コミ数:0

2016/08/01 UPDATE

  • MW
  • Drv
  • OS
  • FPGA
  • ASIC
  • HW Mod
  • 評価ボード
  • 評価環境
  • 開発環境

i.MX 6UltraLite は i.MX 6 の名を関していますが、製品セグメントとしては小型・低価格の
ARM9 系デバイスであるi.MX 25 などの置き換えを目指した製品ですが、コアは CortexA7 で
CPU 性能は2倍程度(DMIPS 換算で i.MX25 が 440i.MX 6UltraLite が 1003 プラス NEON も
使用可)、IO の拡張性は高く、デバイスはむしろ低価格で、SBC としての主要 LSI は
CPU+SPI-NOR 一個+DDR 一個だけ、殆どのボードコンピュータは 4 層貫通基板で実現できます。
i.MX 6 などまでは考えにくい、旧くからの ARM9/11 系で作られた小型の表示器システムや、
SH などでローカルバスにペタペタと IO を拡張したシステムなど、既存のアプリケーションを、
この新しく(今後 10 年から 15 年製造される)廉価な新 SOC で、小さく安く Remake/延命されてはいかがでしょうか。

●製品パッケージとして以下のものがあります。
1)MXUL6-MX IP セット MXUL6-SX ボードの CPU 部(下記ハードウェアがそれにあたる)の、回路図・部品表・ガーバーデータ・Uboot・Linux カーネル部およびモジュールを使った製品の製造権
2)MXUL6-MX セミカスタムパック MXUL6-MX をベースに、ユーザー指定の IO 部を拡張した CPU ボードを SBCとして開発するものです。 1から SBC を開発するのではなく、ベースモジュールを基に拡張された IO部だけを追加開発するもので、基本 CPU 部は既に動作している MXUL6-MX のアートワークを基本的に使用しますので、開発期間は短縮され費用も廉価です。
3)MXUL6-MX 単体での販売は現在のところ予定していません。

●ハードウェア
・CPU i.MX 6UltraLite 528MHz(CortexA7)
・メモリー RAM:DDR3 SDRAM 128MB/256MB/512MB ROM:SPI-Nor(32/64/128MB)
・LAN:10/100BASEx2 USB:HOSTx1/OTGx1 CAN
・カメラ:CSIx2 LCD:CMOS-LCD AD コンバータ PWM Timer
・RTC/WDT UART:最大 8 ポート 電源:DC3.8~4.5V 基板寸法:TBD

●ソフトウェア
・OS Linux(YoctoLinux Qt5.3 サポート 5.5 計画)

IP相関図

  公式相関図

一親等表示

  • ズームイン
  • ズームアウト
Application

大きい図を見る

製品詳細/スペック

お気軽にお問い合わせください。

ライセンス形態/価格・利用実績
カタログURL
http://www.terasolution.jp/documents/MXUL6MXbro.pdf
業種・カテゴリ
更新履歴
2016/08/01 新規登録